*

支援費制度と人権問題。措置から契約への転換と生きる権利。

公開日: : コラム

支援費制度と人権問題

支援費制度とサービスについて

障害者問題は、人権問題であるといっても過言ではありません。

人権という観点を除いては、障害者福祉を考えることはできないでしょう

支援費制度導入で揺れる障害者福祉。

ここで、「人権」という観点から
支援費制度の導入について考えてみたいと思います。


自由権と社会権

基本的人権には大きく分けて2種類のものがあります。

「自由権」と「社会権」です。

自由権とは、表現の自由、身体の自由、経済活動の自由などを規定しているものです。

社会権とは、生きる権利、労働する権利、教育を受ける権利などが含まれます。

歴史的には、18世紀、

国家の抑圧に苦しむ国民が市民革命の末に勝ち取ったのが自由権です。

封建的な君主政治から、主権が国民にある近代国家が生まれました。

国民の自由に関する権利は公共の福祉に反しない限り、
奪われるものではないということを規定したのが自由権です。

しかし、その弊害として、

自由競争のなかで極端な貧富の差が生まれました。

自由権では、国家は消極国家、夜警国家が理想とされましたが、

国民の生命や平等を維持するために、
国家が積極的に介入をするべきだという福祉国家論が生まれました。

福祉というのは、そのうちの「社会権」にあたります。

社会的弱者を救済するという意味合いから障害者福祉も生まれました。

しかし、自由権に関しては障害者に与えられる自己決定権を著しく剥奪する
「措置」という制度のもとに管理されました。

自由権の生みの親、J・ロックは

自由権を行使できるのは理性の備わった市民のみとしています。

つまり、教育を受けていなかったり、金銭に余裕がない人には
自己決定能力が備わっていないとして、権利を制限しました。

現在までの障害者福祉も同様に、
自己決定能力の欠如を理由に、自由権を制限していました

措置制度では利用するサービスを自由に選択することもできませんでした。

近年、障害者の人権が声高に叫ばれるようになりました。

それは主に障害者の「自由権」を求める発言でした。

障害者にも自己決定能力が備わっており、
権利を行使するだけの能力が備わっている
、というのがその根拠でした。

人権屋と呼ばれるような運動家たちは人権の損害であるとして、
措置制度の撤廃を求めました。

こうして生まれたのが「支援費制度」です。

支援費制度と社会権

支援費制度が導入されることになり、
晴れて障害者もサービス契約の自由という権利を獲得するようになりました。

と、本当にそうでしょうか。

利用者にはサービスを選択する権利はあっても、
選択できる環境はなく、

実質的にはその権利はほとんど行使できません

問題の本質は措置制度にあるのではなく、
社会資源やサービスなどの環境にあることが明るみになりました

逆に、この支援費制度導入で
自由という名の元に、社会から放り出されてしまい、

生存権の危機にさらされる利用者も少なくないと想定されます。

「自由権」を求めて獲得した支援費制度の枠組ですが、
逆に「社会権」も奪ってしまう結果にもなりかねません。

いま、日本の障害者福祉は重大な岐路に立たされています。

障害者の生きる権利を守るのは行政の仕事ではなく、

私たちの生きる地域社会全体なのですから。

アドセンス336

関連記事

要介護認定調査

要介護認定見直しの大混乱。二転三転する判断基準。

平成21年要介護認定見直しの大混乱 平成21年度になり、要介護認定が変わりました。

記事を読む

介護報酬改定。訪問介護の報酬単価はどうなった?

平成27年介護報酬改定。未曾有のマイナス改定は訪問介護に影響するか?

介護保険のサービス提供に伴って発生する介護報酬は3年に一度見直しがされることになっており、

記事を読む

支援費制度を考える。障害施策の転換点、障害福祉における介護保険?

支援費制度を考える 2003年4月、日本の障害者福祉が大きく変わります。 障害者への

記事を読む

ホームヘルパーの給料、ホントのトコロ

ホームヘルパーの給料・時給・月収など、平均値などから見るヘルパーの待遇について 現在、

記事を読む

no image

統合教育を考える。社会性と自立という側面から日本の障害者教育を考える。

統合教育を考える 介護保険とは直接関係ないのですが、障害児教育について。 ひょんなことか

記事を読む

24時間地域巡回型訪問介護サービスとは

地域包括ケアの柱としての新サービス「24時間地域巡回型訪問介護」 2012年4月の介護

記事を読む

介護保険負担割合証

訪問介護の自己負担が2割になる人、ならない人。

平成27年4月に行われた介護保険法の改正。 すでに新しい報酬単価が適応され、すでに日常生活自立支援

記事を読む

介護保険改正総点検、平成18年改正で何が変わる?

介護保険改正総点検(平成18年介護保険改正版) みなさんもご存知のとおり、介護保険の抜

記事を読む

男性ヘルパーの憂鬱。男性ホームヘルパーの需要と活躍の場。

男性ホームヘルパーの憂鬱 近年、介護の仕事につく男性が増えています。 不景気のため、

記事を読む

ホームヘルパーはどうなる?

ホームヘルパー資格廃止へ。介護の資格は介護福祉士に一本化!

介護の資格、介護福祉士に一本化 「ホームヘルパーの資格がなくなるって本当ですか?」

記事を読む

アドセンス336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス336

介護福祉士の給料が8万円アップ?
介護福祉士の給料が8万円増えるって本当?新しい処遇改善加算のウソと本当。

介護福祉士の給料が月8万円増える、という噂の正体 新

3割負担導入、3割負担になるのはどんな人
介護保険3割負担の導入。3割負担対象者はどんな人?

平成30年4月に介護保険制度が改正されました。 介護報酬

選ばれる事業所運営の鉄則
介護関連書籍のススメ2018

このタイトルで記事を書くのはすごい久しぶりですが、 いくつかぜひ紹介

介護報酬単価ガイド(平成30年改定版)
介護報酬単価ガイド(平成30年改定版)

介護報酬ってなに? 介護報酬ってどんな仕組み? 身

生活援助従事者研修が決定!生活援助専門ヘルパー誕生へ
生活援助従事者研修課程、59時間カリキュラムの全容。生活援助専門ホームヘルパーの養成課程。

この記事のまとめ ・生活援助中心型サービスの担い手として

→もっと見る

PAGE TOP ↑