*

40万人が足りない。介護の人材不足は危機的状況に。

公開日: : 最終更新日:2014/01/22 コラム

介護の人材不足は解消されるのか?

介護人材を守れ

いま、介護の人材不足は危機的な状況です。

離職率の高さに加え、介護の職場を希望する人や介護専門学校への入学者の減少、
介護現場は深刻な人材不足に陥っています。

その背景と、今後についてここでまとめていきたいと思います。


危機的な人材不足。40万人が足りない!

厚生労働省は、2014年には140~160万人の介護職が必要になるという見解を発表しています。

現在、介護労働を行っているのは100万人。

つまり、今よりも40万人以上の介護職が必要になるという計算になります。

にも関わらず、現在も介護現場の人材不足はまったく解消されていません。

最大の原因は離職率の高さ。

介護の仕事に就く社員の35.2%は一年以内に離職し、79.2%は三年以内に離職しています。

この数字は他の産業に比べても極めて高い数字です。

その最大の要因は、給与の低さや昇給の少なさにあることは間違いありません。

介護報酬が定められている以上、給与の水準を上げたくても限界があります。

それでも、厚生労働省は、事業者による自助努力で介護職員の給与・待遇を改善するようにとの主張を繰り返しています。

既に事業者の努力によって解決できるレベルにはないわけで、間違いなく、厚生労働省は現状を理解できていません。

なおかつ、介護の労働には高い質を求め、介護の基礎資格をヘルパー2級から介護福祉士に統一するという決定もされています。

こんな状況で、誰が10年後の介護を担うのでしょうか。

誰が担う?2015年の介護。

介護の人材不足が広く知れ渡るようになったのは、コムスンによる不正問題がメディアで盛んに取り上げられたことがきっかけです。

訪問介護をはじめとする介護の現場での人手不足の現実が浮き彫りとされました。

が、世間の関心とは裏腹に、その対応策はまったく進んでいません。

厚生労働省は、
「社会福祉事業に従事する者の確保を図るための措置 に関する基本的な指針』の改正についての諮問」
において、人材不足の解消のために以下のような対策を行うことを求めています。

  1. 給与等の労働環境の改善
  2. 新たな経営モデルの構築
  3. 介護技術等に関する研究及び普及
  4. キャリアアップの仕組みの構築 ―資格制度の見直し
  5. 福祉―介護サービスの周知・理解
  6. 潜在的有資格者等の参入の促進等
  7. 福祉・介護サービス以外のほかの分野に従事する人材の参入の促進

テクノロジーが発達して介護労働の肉体的負担が軽減しても、
キャリアアップの仕組みが確立したとしても、
現在のような給与水準では家族を養うということすらも難しいのですから、
これからも介護労働者は確保することはできず、何の解決にもなりません。

結局、根本的な解決としては、まずは給与等の労働環境の改善以外には考えられません。

にも関わらず、介護報酬の底上げに関しても、社会保障費が大幅に削減される中で、
改善される可能性は薄いといわざるを得ません。

悲鳴を上げる介護事業者、現状から目を背ける厚生労働省、増え続ける高齢者。

高齢化社会がピークに達する2015年の介護は誰が支えるのか。

現状を最もよく知っている現場で働く介護労働者が、もっと声を大にして社会に訴えていくことが必要です

平成19年10月20日掲載

アドセンス336

関連記事

どこまでできる?ホームヘルプの利用制限について考える。

ホームヘルプサービスはどこまでできるのか? 平成22年4月28日、厚生労働省老健局振興課からこんな

記事を読む

介護イメージ

平成24年介護報酬改定は訪問介護にどんな影響を与えるか

平成24年介護報酬改定の概要とポイント 介護保険制度は3年ごとに介護報酬の見直しが行わ

記事を読む

インフルエンザに負けない!ホームヘルパーの感染予防

インフルエンザ対策!ホームヘルパーの感染予防。予防接種は?罹患者への訪問はどうする?

例年猛威を振るうインフルエンザ。 インフルエンザの集団感染で入退所やショートステイ受

記事を読む

ホームヘルパーの医療行為について

医療行為の壁を越えて 今回のテーマは、介護職による「医療行為」について。 なぜ、介護

記事を読む

混合介護のイメージ図

訪問介護が変わる?介護保険改正の切り札、混合介護とは?

平成30年の介護保険制度改正・報酬改定に向けての議論が本格化する中で、 議論の一つ「混合介護」に注目

記事を読む

平成30年介護報酬改定 訪問介護への影響は

どう変わる?訪問介護。平成30年介護報酬改定はホームヘルパーに何を望むのか?

平成30年度、介護報酬が改定されます! ご存知の方も多いかと思いますが、平成30年4月に介

記事を読む

新しいカリキュラムはどうなる?

新資格。介護職員基礎研修ガイドラインについて

介護職員基礎研修ガイドラインについて 「介護の資格、介護福祉士に一本化」でお伝えし

記事を読む

男性ヘルパーの憂鬱。男性ホームヘルパーの需要と活躍の場。

男性ホームヘルパーの憂鬱 近年、介護の仕事につく男性が増えています。 不景気のため、

記事を読む

障害者自立支援法とは

障害者自立支援法とは 国会で現在議論が続けられている「障害者自立支援法」。 障害者福祉を担う制度

記事を読む

24時間地域巡回型訪問介護サービスとは

地域包括ケアの柱としての新サービス「24時間地域巡回型訪問介護」 2012年4月の介護

記事を読む

アドセンス336

Comment

  1. my より:

    あまりにもお役人仕事で腹が立ちます。
    待遇改善を求めます。

    資格取得できる学校を含めてです。
    今のままでは、希望者が減るのはすぐにわかります。

    あなたたちの責任であることを、早く理解してください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス336

介護関連書籍のススメ2020

新型コロナウイルスの拡大による自粛要請。 遊びに行くことも、飲

新型コロナウイルス感染拡大
新型コロナウイルスに立ち向かう。ホームヘルパーがウイルスから身を守るために。

新型コロナウイルスの感染は世界規模で拡大 新型コロナウ

ホームヘルパーにおすすめ、最強の雨対策グッズ3つ
雨の日の訪問も楽しくなる。ホームヘルパーが用意するべき最強の雨対策グッズ3つ

梅雨、それはホームヘルパーの天敵。 関東地方も梅雨入り

介護現場のセクハラ・パワハラ対策
利用者からのセクハラ・パワハラ問題。ハラスメントからホームヘルパーを守るには。

全国で利用者からホームヘルパーに対するハラスメントが続出。

どう変わる、働き方改革法スタート
介護の働き方改革。有給休暇、残業時間、ホームヘルパーの働き方はどう変わる?

「令和」時代の働き方 平成31年度がスタートしました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑