*

新型インフルエンザの脅威にホームヘルパーはどう向き合うか。

公開日: : コラム

新型インフルエンザの脅威

マスクをする女性

猛威を振るい続ける新型インフルエンザの脅威。

7月以降のインフルエンザ患者数は11月27日現在で1000万人を超え、
一週間あたりでの定点医療機関の受診者数でも既に昨冬のピークを上回っています。

世界的にも死者は8000人を超えているものとみられており、
それでなお、まだまだ衰える兆しを見せていません。

感染者の傾向としては、低年齢化が進み、
当初懸念されていた60歳以上の感染者は国内全感染者およそ1000万人のうちの
わずか10万人にとどまっています。

しかし、新型インフルエンザ流行の波紋は、訪問介護の現場にも確実に押し寄せています

訪問介護は、この新型インフルエンザといかに向き合うべきなのでしょうか。


深刻な人手不足

職員がインフルエンザに感染するということは、訪問介護事業所にとっては大きな痛手です。

それだけではありません。

職員の家族がインフルエンザに感染することで、濃厚接触者である家族を出勤停止にするケースも増えています。

もちろん、感染した子供の看病の為に欠勤せざるを得ないケースもありますが、
そうでなくても、ウイルスを媒介する可能性が高い場合は事業所の判断として、
感染者の解熱後2~3日までそのスタッフを出勤停止にする場合があります。

一週間近くスタッフが欠けるわけですから、慢性的な人材不足の傾向にある訪問介護事業所にとっては大きな痛手です。

もちろん、勤務するスタッフにとっても、時間給が大半を占めるホームヘルパーですので、
収入が得られないことはヘルパー自身の生活にも大きな影響を与えます。

ホームヘルパーの大半が学齢期もしくはそれ以下の子供を持つ主婦層であることもあり、
家族が学校などで感染するというリスクを避けることができないのです。

短期入所・通所介護の代替サービスとしての訪問介護

新型インフルエンザで日本中が混乱していた平成21年5月20日、
厚生労働省老健局などから、都道府県宛にこのような通知がありました。

短期入所、通所施設等において臨時休業を行う場合の当面の対応について、以下のとおりお願いします。

(1)介護サービス事業者等における対応

臨時休業を行ったときは、確認事項Q&A(平成21年5月16日新型インフルエンザ対策本部幹事会)のとおり、居宅介護支援事業者・訪問介護事業者を含め、
関係事業者間で連携の上、必要性の高い利用者を優先しつつ、訪問介護事業者等が代替サービスを提供するようお願いします。

つまり、短期入所や通所介護などのサービスが臨時休業などで利用できない場合、
訪問介護事業者が代替サービスを提供するようにという一文になります。

もちろん、地域のセーフティネットとして、訪問介護の果す役割は大きいということが確認されます。

しかし、訪問介護事業者自体がそういった状況下にあるのにも関わらず、
介護保険の枠組みの中でスポットでサービス提供を行うというのが、事業者やヘルパーにとってどれだけ大きな負担になるのか。

ケースによっては、調査、契約、担当者会議、ヘルパーへの引継ぎ・・・といった業務も必要となります。

施設というハコを持たない訪問介護の柔軟性は、今回のような危機的な状況でも大きな存在感を発揮するものであり、
それを再認識した上で、人材確保のための報酬の見直しを求めていくことも必要ではないでしょうか。

日本ホームヘルパー協会では厚生労働省に対して要望書を提出し、
マスク等の備品購入の費用負担軽減や、ヘルパーが媒介しての感染による免責、前述の代替サービスでのマニュアル整備などを求めています。

いずれにせよ、少なくとも今後数年間、インフルエンザは訪問介護事業所を悩ます大きな問題となるでしょう。

その最前線にいるホームヘルパーはまず感染予防として自分の身を守ることを徹底していきましょう。

平成21年11月30日掲載

アドセンス336

関連記事

どこまでできる?ホームヘルプの利用制限について考える。

ホームヘルプサービスはどこまでできるのか? 平成22年4月28日、厚生労働省老健局振興課からこんな

記事を読む

インフルエンザに負けない!ホームヘルパーの感染予防

インフルエンザ対策!ホームヘルパーの感染予防。予防接種は?罹患者への訪問はどうする?

例年猛威を振るうインフルエンザ。 インフルエンザの集団感染で入退所やショートステイ受

記事を読む

介護報酬改定の影響は

平成26年介護報酬改定。消費増税に伴う介護報酬の改定の概要。

消費税増税に伴う平成26年介護報酬改定の概要 平成26年4月に消費税の増税が行われます

記事を読む

生活援助の利用制限についてもう一度考える

生活援助の利用制限についてもう一度考える 2006年の介護保険法の改正に伴い、訪問介護の生活援助

記事を読む

障害者自立支援法とは

障害者自立支援法とは 国会で現在議論が続けられている「障害者自立支援法」。 障害者福祉を担う制度

記事を読む

高齢者イメージ

「痴呆」に替わる用語、「認知症」

「痴呆」に替わる用語、「認知症」 「痴呆」という言葉がなくなる。 厚生労働省が発表し

記事を読む

支援費制度を考える。障害施策の転換点、障害福祉における介護保険?

支援費制度を考える 2003年4月、日本の障害者福祉が大きく変わります。 障害者への

記事を読む

24時間地域巡回型訪問介護サービスとは

地域包括ケアの柱としての新サービス「24時間地域巡回型訪問介護」 2012年4月の介護

記事を読む

統合教育を考える。社会性と自立という側面から日本の障害者教育を考える。

統合教育を考える 介護保険とは直接関係ないのですが、障害児教育について。 ひょんなことから、一年間

記事を読む

どう変わる、働き方改革法スタート

介護の働き方改革。有給休暇、残業時間、ホームヘルパーの働き方はどう変わる?

「令和」時代の働き方 平成31年度がスタートしました。新元号「令和」の発表で幕を開け

記事を読む

アドセンス336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス336

令和3年介護報酬改定、逆風の訪問介護
訪問介護の基本報酬、増えたのは1単位だけ!?逆風の報酬改定を斬る。

令和3年4月介護報酬改定、訪問介護はどうなる? 令和3

慰労金、ホームヘルパーはもらえるの?
ホームヘルパーは、もらえる?もらえない?新型コロナウイルス慰労金。

介護従事者等への慰労金とは 新型コロナウイルス感染対策

介護関連書籍のススメ2020

新型コロナウイルスの拡大による自粛要請。 遊びに行くことも、飲

新型コロナウイルス感染拡大
新型コロナウイルスに立ち向かう。ホームヘルパーがウイルスから身を守るために。

新型コロナウイルスの感染は世界規模で拡大 新型コロナウ

ホームヘルパーにおすすめ、最強の雨対策グッズ3つ
雨の日の訪問も楽しくなる。ホームヘルパーが用意するべき最強の雨対策グッズ3つ

梅雨、それはホームヘルパーの天敵。 関東地方も梅雨入り

→もっと見る

PAGE TOP ↑