*

新資格。介護職員基礎研修ガイドラインについて

公開日: : 最終更新日:2019/05/16 コラム

介護職員基礎研修ガイドラインについて

新しいカリキュラムはどうなる?

「介護の資格、介護福祉士に一本化」でお伝えしたように、
介護の仕事に従事するために、介護福祉士が将来的には基礎資格とする方向性が示されました。

今後、介護福祉士以外の介護職員が介護の仕事につくためには、
介護職員基礎研修を受講することが必須条件となります。

※その後の変更により、介護職員基礎研修の受講は必須ではなくなりました。

その具体的なスケジュールなどが発表されず、
やきもきしている方も多かったと思われます。

私宛にも、この件に関してたくさんの質問のメールが寄せられました。

そこで、2006年3月末に公開された「介護職員基礎研修」のガイドラインについての情報を簡単にまとめて
みなさんにお伝えしようと思います。


介護職員基礎研修カリキュラム

研修のカリキュラムは以下のとおり。

科目名規定時間数実務1年未満2級1年以上2級1年以上1級
生活支援の理念と尊厳の理解30時間※選択※選択※選択
制度・サービスの理解30時間免除免除免除
障害と疾病の理解30時間免除免除免除
認知症の理解30時間必須必須免除
介護におけるコミュニケーションと介護技術90時間90時間30時間免除
生活支援の視点と家事援助技術30時間免除免除免除
医療・看護との連携30時間必須必須必須
介護におけるソーシャルワーク30時間※選択※選択※選択
生活支援のためのアセスメントとプラン30時間必須必須免除
介護職の倫理と責務30時間免除免除免除
実習140時間必須免除免除
合計時間数500時間350時間150時間60時間

※「生活支援の理念と尊厳の理解」と「介護におけるソーシャルワーク」は、
合わせて30時間行うこととする。

実習の科目・実習派遣先は以下のとおり。

実習科目時間数
事前演習8時間
施設・居住型実習80時間(10日間)
通所・小規模多機能型実習40時間(5日間)
訪問介護実習40時間(5日間)
地域の社会資源実習4時間
事後演習8時間

ここから見て取れるように、
実務経験の有無で、免除される時間数に大きな開きがあるため、
実務1年未満の方や、これから介護の仕事を始めようと思っている方は、
実務経験を積むことが、重要になってきます。

いつから?どこで?どうやって?

この介護職員基礎研修は、2006年秋からスタートする、という情報です。

介護関連の専門学校や資格学校が研修を開くと思われますが、
具体的なスケジュールなどはまだ発表されていません

ホームヘルパー2級などの現行資格で当面は勤務できるということですが、
その「当面」がいったいいつまでなのか、
完全に移行するのはいつなのか、
研修を受けるのにどのくらいの費用が必要になるのか。

まだまだ重要な事項の決定が先送りにされています。

この件に関しては、このサイトでも詳しい情報が入り次第、
みなさんにお届けしたいと思っていますので、
こまめにサイトをチェックしてください。

以下のサイトもご参考に。

介護サービス従事者の研修体系のあり方について (全国社会福祉協議会)
介護職員基礎研修の詳細発表!(AllAbout)

追記:介護職員基礎研修2007年2月スタート

神奈川県では全国に先駆けて、2007年2月から介護職員基礎研修がスタートしています。

基礎研修の事業者指定を受けたのは以下の4団体です。

カリキュラムの密度は濃いものの、受講費用は実務未経験の場合は50万4000円(三幸福祉の場合)とかなり高額です。

介護職員基礎研修に関しての情報は、AllAboutJapanのコラムが情報量も多く、更新頻度も高いのでチェックすることをお勧めします。

平成19年 掲載

アドセンス336

関連記事

ホームヘルパーはどうなる?

ホームヘルパー資格廃止へ。介護の資格は介護福祉士に一本化?(介護職員初任者研修へ移行)

介護の資格、介護福祉士に一本化 「ホームヘルパーの資格がなくなるって本当ですか?」 といった内

記事を読む

男性ヘルパーの憂鬱。男性ホームヘルパーの需要と活躍の場。

男性ホームヘルパーの憂鬱 近年、介護の仕事につく男性が増えています。 不景気のため、

記事を読む

介護保険抜本的見直しの焦点、介護予防について

「介護予防」を探る 介護保険制度の抜本的見直しを前に、さまざまな問題が浮上していま

記事を読む

高齢者イメージ

「痴呆」に替わる用語、「認知症」

「痴呆」に替わる用語、「認知症」 「痴呆」という言葉がなくなる。 厚生労働省が発表し

記事を読む

生活援助の利用制限についてもう一度考える

生活援助の利用制限についてもう一度考える 2006年の介護保険法の改正に伴い、訪問介護の生活援助

記事を読む

介護人材を守れ

40万人が足りない。介護の人材不足は危機的状況に。

介護の人材不足は解消されるのか? いま、介護の人材不足は危機的な状況です。 離職率の

記事を読む

専門介護福祉士(仮称)とは?そのカリキュラムと専門性について

専門介護福祉士(仮称)とは 以前からこのサイトでもお伝えしているように、介護従事者の資

記事を読む

介護保険と支援費制度の統合論、そのねらいは

介護保険+支援費制度=??? 連日、メディアを騒がす介護保険の抜本改革のニュース。 歯止めの

記事を読む

平成30年介護報酬改定 訪問介護への影響は

どう変わる?訪問介護。平成30年介護報酬改定はホームヘルパーに何を望むのか?

平成30年度、介護報酬が改定されます! ご存知の方も多いかと思いますが、平成30年4月に介

記事を読む

介護報酬改定。訪問介護の報酬単価はどうなった?

平成27年介護報酬改定。未曾有のマイナス改定は訪問介護に影響するか?

介護保険のサービス提供に伴って発生する介護報酬は3年に一度見直しがされることになっており、

記事を読む

アドセンス336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

アドセンス336

令和3年介護報酬改定、逆風の訪問介護
訪問介護の基本報酬、増えたのは1単位だけ!?逆風の報酬改定を斬る。

令和3年4月介護報酬改定、訪問介護はどうなる? 令和3

慰労金、ホームヘルパーはもらえるの?
ホームヘルパーは、もらえる?もらえない?新型コロナウイルス慰労金。

介護従事者等への慰労金とは 新型コロナウイルス感染対策

介護関連書籍のススメ2020

新型コロナウイルスの拡大による自粛要請。 遊びに行くことも、飲

新型コロナウイルス感染拡大
新型コロナウイルスに立ち向かう。ホームヘルパーがウイルスから身を守るために。

新型コロナウイルスの感染は世界規模で拡大 新型コロナウ

ホームヘルパーにおすすめ、最強の雨対策グッズ3つ
雨の日の訪問も楽しくなる。ホームヘルパーが用意するべき最強の雨対策グッズ3つ

梅雨、それはホームヘルパーの天敵。 関東地方も梅雨入り

→もっと見る

PAGE TOP ↑