*

24時間地域巡回型訪問介護サービスとは

公開日: : コラム

地域包括ケアの柱としての新サービス「24時間地域巡回型訪問介護」

訪問サービス

2012年4月の介護保険法改正が近づく中、大きな注目を集める新設サービスがあります。

それが、今回取り上げる「24時間地域巡回型訪問介護サービス」になります。

それがどんなサービスであるかについて、厚生労働省から発表されている内容を元に紹介いたします。


重度で独居の高齢者でも、施設で生活するような安心感を在宅で

24時間地域巡回型訪問介護サービスは、重度で独居の高齢者でも、在宅で生活していくことが可能になるよう、
特養のように切れ目ないサービスを提供していくというコンセプトのもとに設計されたサービスになります。

その内容は、一日複数回・短時間での定期訪問、
オペレーターへの連絡で提供される随時訪問、
看護サービスとの一体的なサービス提供、
時間に制約されることのない柔軟なサービス・・・と、
特養での生活のイメージに近い手厚いケアを在宅でも受けることができるという
高い理想を掲げているこのサービスですが、ハードルは非常に高いと思われます。

サービス導入のコストは?
事業所にとって採算がとれるのか?
そして最大の問題は、スタッフが確保できるのかどうかという部分になるでしょう。

厚生労働省が想定しているイメージとしては、
常勤換算で介護スタッフ22.8人、看護職員1.71人に加え、
オペレーターと面接相談員の配置としておりますが、
夜間も含めたスタッフの確保というのは大きな課題です。

また、厚生労働省の思惑として、
利用者の生活を包括的・継続的に見ることで、チームケアが強まり、
専門性の向上ややりがいの醸成が期待されるということですが、
随時訪問を含めた訪問で、不規則勤務を行うスタッフの肉体的・精神的な負担は極めて大きく、
バーンアウトしてしまうケースが増えてしまうのではないかという懸念もされます。

理想ばかりが先行してしまっている印象も否めないため、
すでに介護福祉関係者からも疑問の声が多く聞かれています。

今後のモデル事業などの展開を通して、制度化にむけて情報を確認していきたいと思います。

どうなる、地域包括ケア

この24時間地域巡回型訪問介護サービスも、
市町村が指定を行う地域密着サービスに分類されます。

新しい介護保険のコンセプトである「地域包括ケア」を実現させるための、
重要なサービスとして期待されているようです。

「地域包括ケア」システムというのは、介護・医療・福祉に加え住宅などといった生活支援を、
生活圏域(30分以内に駆けつけられる)の中で適切に提供するというものなんだそうです。

個人的に、注目してほしいのは、住宅(住まい)というキーワードだと思っています。

在宅重視という介護保険のコンセプトの中で、
在宅という考え方も多様化しています。

地域包括ケアシステムの推進をはかるために、
安易に住み慣れた自宅での生活から切り離し、
集合住宅に住まわせ、効率的な短時間訪問のサービス提供を行うことが
果たしてその人らしい生活を支える社会システムのあり方なのかというと、はなはだ疑問です。

しかしながら、高齢者専用賃貸住宅などをはじめとした住まいのマネジメントとの組み合わせが、
在宅の重度高齢者を支えるひとつの鍵になっていくように思われます。

平成23年4月19日掲載

アドセンス336

関連記事

介護イメージ

平成24年介護報酬改定は訪問介護にどんな影響を与えるか

平成24年介護報酬改定の概要とポイント 介護保険制度は3年ごとに介護報酬の見直しが行わ

記事を読む

高齢者夫婦

介護保険法を読み返す。介護保険法解説と介護保険サービスのあり方について。

介護保険法を読み返す 今回のテーマは「介護保険法」です。 介護保険、介護保険といいな

記事を読む

新型コロナウイルス感染拡大

新型コロナウイルスに立ち向かう。ホームヘルパーがウイルスから身を守るために。

新型コロナウイルスの感染は世界規模で拡大 新型コロナウイルスの感染は世界規模で拡大し

記事を読む

介護福祉士の給料が8万円アップ?

介護福祉士の給料が8万円増えるって本当?新しい処遇改善加算のウソと本当。

介護福祉士の給料が月8万円増える、という噂の正体 新しい経済政策パッケージ 「

記事を読む

介護予防・日常生活総合支援事業全体像

介護予防・日常生活総合支援事業でどうなる予防訪問介護。

介護予防・日常生活総合支援事業ガイドライン案について 7月の厚生労働省全国介護保険担当課長会議で、

記事を読む

介護保険改正総点検、平成18年改正で何が変わる?

介護保険改正総点検(平成18年介護保険改正版) みなさんもご存知のとおり、介護保険の抜

記事を読む

ヘルパー研修廃止後の資格制度について

介護の資格を取るなら?ホームヘルパー2級養成研修、平成24年度末で廃止へ

ホームヘルパー2級養成講座は、2012年度末で廃止。介護職員初任者研修へ移行。 既に2004年から

記事を読む

専門介護福祉士(仮称)とは?そのカリキュラムと専門性について

専門介護福祉士(仮称)とは 以前からこのサイトでもお伝えしているように、介護従事者の資

記事を読む

高齢者イメージ

「痴呆」に替わる用語、「認知症」

「痴呆」に替わる用語、「認知症」 「痴呆」という言葉がなくなる。 厚生労働省が発表し

記事を読む

介護保険抜本的見直しの焦点、介護予防について

「介護予防」を探る 介護保険制度の抜本的見直しを前に、さまざまな問題が浮上していま

記事を読む

アドセンス336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス336

介護関連書籍のススメ2020

新型コロナウイルスの拡大による自粛要請。 遊びに行くことも、飲

新型コロナウイルス感染拡大
新型コロナウイルスに立ち向かう。ホームヘルパーがウイルスから身を守るために。

新型コロナウイルスの感染は世界規模で拡大 新型コロナウ

ホームヘルパーにおすすめ、最強の雨対策グッズ3つ
雨の日の訪問も楽しくなる。ホームヘルパーが用意するべき最強の雨対策グッズ3つ

梅雨、それはホームヘルパーの天敵。 関東地方も梅雨入り

介護現場のセクハラ・パワハラ対策
利用者からのセクハラ・パワハラ問題。ハラスメントからホームヘルパーを守るには。

全国で利用者からホームヘルパーに対するハラスメントが続出。

どう変わる、働き方改革法スタート
介護の働き方改革。有給休暇、残業時間、ホームヘルパーの働き方はどう変わる?

「令和」時代の働き方 平成31年度がスタートしました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑