*

男性ヘルパーの憂鬱。男性ホームヘルパーの需要と活躍の場。

公開日: : コラム

男性ホームヘルパーの憂鬱

活躍の場を広げる男性ホームヘルパー

近年、介護の仕事につく男性が増えています。

不景気のため、就職難となり、

比較的新しい産業である介護に就労の機会を求めたためです。

政府などでも、製造業や建設業などは、

不景気の打撃を大きく受けて雇用を縮小しているので、

介護という産業がその代わりに雇用の受け皿になることを期待しているようです。

残念ながら、政府の思惑と外れたのは、

介護が製造業や建設業の人材とは
求めている人材像が大きくかけ離れていることと、

介護という産業が製造業や建設業とは
比べ物にならないほど規模の小さい産業であるということでしょうか。

何はともあれ、男性の求職者が急増した介護業界

家事を中心とし、女性の仕事という印象の強かったホームヘルパーにも

男性が活躍の場を広げております

そんな男性ヘルパーについての情報です。


男性ヘルパーと家事

男性ヘルパーには、業務上、

女性のヘルパーとは違った大きなハンディキャップがあります。

男性であるというだけで、受け入れられない。

なんでこんなに見下されるんだろう。

モロッコに行って性転換手術でも受けてしまいたい。

男性のホームヘルパー誰でも一度はそんな悩みにぶつかったりします(?)。

ヘルパーの仕事の大部分を占めているのが家事援助(複合介護を含む)です。

家事援助をしないで勤務時間を確保するのは、

夜勤専門の勤務体制にでもしない限り至難の技です。

男性ヘルパーにとって、家事援助はまさに鬼門です。

家事の仕事では、男性は受け入れられないことが多いです。

もちろん、男性で調理ができるのが前提としてあったとしても、

男性が料理を作るというのは・・・と敬遠されることがあります。

男性に料理を作ってもらったことなど一度もない、という女性のお客様もいるでしょうし、

男子厨房に入るべからず、の時代ですから。

あと、男の人に料理なんてできるのかしら、なんて言い出す方も。

逆に、男性の利用者様からも、

男のくせにこんな仕事してるんじゃない、なんて説教されることも。

まぁ、そういった先入観をいかに取り除いていくかが課題ですね。

男性であるというだけでマイナスイメージになっていることがあります

それだけに、お客様からの印象には気を使いましょう。

できるだけ腰を低く、愛想よく、

若ければその若さを活かして「かわいい」と思われるようアピールしましょう。

生活と将来設計

収入ですが、正直あまり期待できません。

家庭があったり、ある程度の収入を確保しないといけない場合、

ヘルパーとして満足な生活ができるかというと、
正直、答え辛いものがあります。

なので、ホームヘルパーとして男性が働く場合、

明確な将来設計は不可欠です

例えば、3年以上勤務して介護福祉士の資格を取って、

介護の仕事でもより待遇のよい職場を探すとか。

または、5年以上勤務してケアマネになるとか。

それと民間企業であればそこの管理職や正社員への登用を狙うか。

とりあえず興味があるから、という希望理由での就職は避けたほうがいいと思います。

男性ヘルパーの利点

なんだか暗くなりそうな話ばかりでごめんなさい。

ここからは男性ヘルパーの長所について。

ヘルパーが勤務する訪問介護事業所のスタッフは

そのほとんどが女性のスタッフです。

女性ばかりの職場でどんな問題が起こりうるかというと、

やはり人間関係のトラブルは容易に想像できます。

その点、男性は仕事と感情とをある程度割り切ることができるので、

職場での人間関係の潤滑油として期待されます。

コミュニケーション能力は、現場だけでなく職場内でも求められます。

現場でのケアに関しても、移乗や移動などの介助の際、

利用者様も男性が支えているということで頼りにされやすく、

スムーズにケアができることもあります。

力があるぶん、そういった場面でも安全にケアができますが、

力だけに頼ってしまうのは男性ヘルパーの悪い傾向としてあり、

結果として自分の腰などを痛めるケースが多くあります。

力に頼らず、ボディメカニクスと利用者様の動きを最大限に利用しましょう

男性ヘルパーの存在価値を発揮する場

男性で介護職を希望するのであれば、

施設の職員などの方が生活も安定しますし、

同性介護を原則としている施設も多いので受け皿もあります。

在宅で働くとしたら、

訪問入浴介護の運転手(オペレーター)もあります。

車を走らせ、浴槽を担ぐガテン系の仕事ですが、

男性であるという存在価値をかなり発揮できます。

ヘルパーの資格を取って、介護タクシーで働く男性も多いです。

介護タクシーに関しては今後の単価等の改正により、

業界が縮小することも予想されますが、

タクシーという仕事自体、高齢者と接する機会の多いので、

タクシーをするなら介護の知識もあったほうがいいですよね。

また、同じ運転手でも施設の送迎バスの運転手などもあります。

ホームヘルパーの仕事に関しても、

男性のヘルパーでお願いします、という依頼も少なくありません。

力仕事だったりすることが多いのですが、需要はあります。

と、かなり特異な職業であることは理解していただけたかと思いますが、

やりがいだけは確実に保障できるのではないでしょうか。

このサイトにもたくさんの男性の方がいらっしゃっています。

職場内で肩身の狭い思いをしている方もいるとは思いますが、

男性ヘルパーという存在を社会的に認知してもらうには、

みなさんの今後の頑張りにかかっています。

平成14年 更新

アドセンス336

関連記事

介護イメージ

平成24年介護報酬改定は訪問介護にどんな影響を与えるか

平成24年介護報酬改定の概要とポイント 介護保険制度は3年ごとに介護報酬の見直しが行わ

記事を読む

介護現場のセクハラ・パワハラ対策

利用者からのセクハラ・パワハラ問題。ハラスメントからホームヘルパーを守るには。

全国で利用者からホームヘルパーに対するハラスメントが続出。 介護現場で、介護職員が利

記事を読む

介護保険抜本的見直しの焦点、介護予防について

「介護予防」を探る 介護保険制度の抜本的見直しを前に、さまざまな問題が浮上していま

記事を読む

准介護福祉士

准介護福祉士とは、誰のための・何のための資格か?

准介護福祉士とは 社会福祉士・介護福祉士法の見直しの中で、突然振って沸いてきたかの

記事を読む

支援費制度とサービスについて

支援費制度と人権問題。措置から契約への転換と生きる権利。

支援費制度と人権問題 障害者問題は、人権問題であるといっても過言ではありません。 人

記事を読む

生活援助従事者研修が決定!生活援助専門ヘルパー誕生へ

生活援助従事者研修課程、59時間カリキュラムの全容。生活援助専門ホームヘルパーの養成課程。

この記事のまとめ ・生活援助中心型サービスの担い手として、生活援助従事者研修課程を創設

記事を読む

ヘルパー2級と初任者研修の比較

どっちがお得?ホームヘルパー2級養成講座と介護職員初任者研修。

ホームヘルパー2級養成講座と介護職員初任者研修の比較。 すでにお伝えしている通り、これまで介護の

記事を読む

生活援助の利用制限についてもう一度考える

生活援助の利用制限についてもう一度考える 2006年の介護保険法の改正に伴い、訪問介護の生活援助

記事を読む

要介護認定調査

要介護認定見直しの大混乱。二転三転する判断基準。

平成21年要介護認定見直しの大混乱 平成21年度になり、要介護認定が変わりました。

記事を読む

高齢者イメージ

「痴呆」に替わる用語、「認知症」

「痴呆」に替わる用語、「認知症」 「痴呆」という言葉がなくなる。 厚生労働省が発表し

記事を読む

アドセンス336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス336

慰労金、ホームヘルパーはもらえるの?
ホームヘルパーは、もらえる?もらえない?新型コロナウイルス慰労金。

介護従事者等への慰労金とは 新型コロナウイルス感染対策

介護関連書籍のススメ2020

新型コロナウイルスの拡大による自粛要請。 遊びに行くことも、飲

新型コロナウイルス感染拡大
新型コロナウイルスに立ち向かう。ホームヘルパーがウイルスから身を守るために。

新型コロナウイルスの感染は世界規模で拡大 新型コロナウ

ホームヘルパーにおすすめ、最強の雨対策グッズ3つ
雨の日の訪問も楽しくなる。ホームヘルパーが用意するべき最強の雨対策グッズ3つ

梅雨、それはホームヘルパーの天敵。 関東地方も梅雨入り

介護現場のセクハラ・パワハラ対策
利用者からのセクハラ・パワハラ問題。ハラスメントからホームヘルパーを守るには。

全国で利用者からホームヘルパーに対するハラスメントが続出。

→もっと見る

PAGE TOP ↑