*

24時間巡回ホームヘルプサービスとは

公開日: : コラム

24時間巡回ホームヘルプとは

ホームヘルプサービス

2003年4月の介護報酬単価改正の骨格もそろそろ形を見せ始め、

各事業者もその対応に追われているところだと思われます。

この単価改正で注目を集めたのが

24時間巡回型のホームヘルプサービス。

単価が大幅に引上げられ、採算も取りやすくなったことから

新規参入する事業者が多数現れると予想されています。

24時間巡回型ホームヘルプとはなにか。

今回は、24時間巡回ホームヘルプサービスに注目します


24時間巡回型ホームヘルプとは?

介護保険下の訪問介護の単価では

身体介護30分未満というケアがあります。

家事や複合(生活援助)にはそんな時間設定はありません。

これが、巡回型と呼ばれるサービスです

主なケア内容は、

オムツ交換やトイレ移動の介助、清潔介助など。

身体介護の色がもっとも強く見られるケアが中心となっています。

特に、在宅で寝たきりになっている方へのケアや、

独居の利用者の安否確認を含めたケアが多いのが特徴です。

短い時間で、いかに安全に、効率よく、

利用者の自立のためのケアが出来るか
、という

専門性の高いケアが求められるサービスとされています。

「24時間」と銘打っている通り、サービスは24時間対応。

夜間や深夜の時間帯もサービスを提供します。

施設などでは24時間体制での対応が可能ですが

在宅では家族への負担も極めて大きく、

夜間や深夜のケアが大きな精神的苦痛となっているのが現状です。

それを軽減し、日常的に必要なケアを提供していくのが

24時間巡回のホームヘルプサービスの目的です。

例えば、このようなケアを提供するケースが多く見られます。

時間帯 ケア内容
排泄介助、モーニングケア(清潔介助、口腔ケア、飲水介助など)
排泄介助、昼食配膳・服薬確認 など
夕方 排泄介助、夕食配膳、服薬確認など
深夜 オムツ交換 など

30分未満のサービスといっても、30分を時間いっぱいにケアをするのではなく、

決められているサービスを提供し、時間前に退室することも多いです。

あくまで基本となるのはサービスの内容であって、時間ではありません。

深夜に30分見守りなんかをじっとしてされてたら、

かえって家族の負担も大きくなりますしね。

ちなみに、この24時間ホームヘルプサービス、

最初にはじめたのは有名なコムスンです。

コムスンさんが比較的後発の事業者ながら在宅介護のパイオニアを自認するのは

そのためなんですよね。

単価改正の影響

サービス提供にかかる単価は

夜間早朝・深夜にはそれぞれ25%、50%の加算がつきます。

改正後も加算率が変わらず25%、50%となると仮定すると、

単価は次のようになります。

加算率 現行 改正後
昼間 0% 210 231
夜間・早朝 25% 263 289
深夜 50% 315 347

生活援助などの他のサービスの単価と比べて、

やや高いようにも見られます。

この単価の高さが、逆に利用者にとって

サービスを敬遠する要因の一つとなっています。

そのため、深夜の時間帯は家族で対応し、

その分、昼の時間帯にサービスを希望する利用者さんも多くいます。

単価改正によって、利用限度額を超過するなど

サービスの現状維持が難しくなる利用者がでることも予測できます。

スタッフは?

巡回型のスタッフには若いスタッフが多く見られます。

夜勤など、変則的な勤務も多く

体力も必要とされることが大きな要因です。

また、男性で活躍するスタッフが多いことも特徴的です。

深夜の時間帯は危険もあり、二人一組で行動することが多く見られます。

ひとりはケアを担当し、

もうひとりは車の運転からケアの準備、後片付けなどを担当するなど

作業を分担し、徹底した効率化を図っています。

勤務時間は事業所によって大きく異なります。

ただ、利用者が一番殺到する時間は、朝の6時から9時といった早い時間帯であり、

その時間帯まで夜勤のヘルパーが引っ張るケースが多く見られています。

この朝の時間がスタッフにとってもきついもので、

眠気、朝の強い日差し、夜間との気温などの急激な変化など。。。

特に、気が緩みがちな車の運転には細心の注意が必要。

また、事務所からは大概夜勤手当が支給されます。

一夜勤あたりいくらとか、

ある時間帯からは時給がいくらアップするとか、

それも事務所によって異なりますので、注意してください。

平成14年掲載

アドセンス336

関連記事

高齢者イメージ

「痴呆」に替わる用語、「認知症」

「痴呆」に替わる用語、「認知症」 「痴呆」という言葉がなくなる。 厚生労働省が発表し

記事を読む

支援費制度とサービスについて

支援費制度と人権問題。措置から契約への転換と生きる権利。

支援費制度と人権問題 障害者問題は、人権問題であるといっても過言ではありません。 人

記事を読む

新型インフルエンザの脅威にホームヘルパーはどう向き合うか。

新型インフルエンザの脅威 猛威を振るい続ける新型インフルエンザの脅威。 7月以降のイ

記事を読む

准介護福祉士

准介護福祉士とは、誰のための・何のための資格か?

准介護福祉士とは 社会福祉士・介護福祉士法の見直しの中で、突然振って沸いてきたかの

記事を読む

報酬改定による在宅介護への影響は

介護報酬の単価改正を読む(平成15年度版)。複合介護の廃止と家事援助の報酬引き上げ。

介護報酬の単価改正を読む(平成15年度版) 厚生労働省の諮問機関である社会保障審議会は

記事を読む

要介護認定調査

要介護認定見直しの大混乱。二転三転する判断基準。

平成21年要介護認定見直しの大混乱 平成21年度になり、要介護認定が変わりました。

記事を読む

介護福祉士の給料が8万円アップ?

介護福祉士の給料が8万円増えるって本当?新しい処遇改善加算のウソと本当。

介護福祉士の給料が月8万円増える、という噂の正体 新しい経済政策パッケージ

記事を読む

介護人材を守れ

40万人が足りない。介護の人材不足は危機的状況に。

介護の人材不足は解消されるのか? いま、介護の人材不足は危機的な状況です。 離職率の

記事を読む

スペシャルオリンピックスとは

スペシャルオリンピックスとは 介護保険とは一切関係なさそうですが、 今回はスペシャルオリンピックス

記事を読む

新しいカリキュラムはどうなる?

新資格。介護職員基礎研修ガイドラインについて

介護職員基礎研修ガイドラインについて 「介護の資格、介護福祉士に一本化」でお伝えし

記事を読む

アドセンス336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス336

介護福祉士の給料が8万円アップ?
介護福祉士の給料が8万円増えるって本当?新しい処遇改善加算のウソと本当。

介護福祉士の給料が月8万円増える、という噂の正体 新

3割負担導入、3割負担になるのはどんな人
介護保険3割負担の導入。3割負担対象者はどんな人?

平成30年4月に介護保険制度が改正されました。 介護報酬

選ばれる事業所運営の鉄則
介護関連書籍のススメ2018

このタイトルで記事を書くのはすごい久しぶりですが、 いくつかぜひ紹介

介護報酬単価ガイド(平成30年改定版)
介護報酬単価ガイド(平成30年改定版)

介護報酬ってなに? 介護報酬ってどんな仕組み? 身

生活援助従事者研修が決定!生活援助専門ヘルパー誕生へ
生活援助従事者研修課程、59時間カリキュラムの全容。生活援助専門ホームヘルパーの養成課程。

この記事のまとめ ・生活援助中心型サービスの担い手として

→もっと見る

PAGE TOP ↑