*

介護の資格を取るなら?ホームヘルパー2級養成研修、平成24年度末で廃止へ

公開日: : 最終更新日:2019/07/05 コラム

ホームヘルパー2級養成講座は、2012年度末で廃止。介護職員初任者研修へ移行。

ヘルパー研修廃止後の資格制度について

既に2004年から発表されていたことですが、2012年度の末でホームヘルパー2級の養成講習が廃止されることになりました。

2004年にこのサイトに掲載させていただいた記事がこちらです。

ホームヘルパー井戸端会議:介護の資格、介護福祉士に一本化

現実的には、カリキュラムがさらに増える介護福祉士で一本化することは困難となり、
新たに「介護職員初任者研修」という課程を新設することとなりました。

これまで、介護の資格を目指す人にとって、一番身近な研修課程が「ホームヘルパー2級」でしたが、
今後はそれが「介護職員初任者研修課程」というものになるようです。

これは厚生労働省が発表した、「今後の介護人材養成の在り方について」という資料に掲載されていますが、
平成25年度からは、介護人材のキャリアパスは認定介護福祉士を頂点としたピラミッド構造に統一化され、
その一番下に位置するのが介護職員初任者研修の修了者ということになります。

※下図のイメージ参照

介護人材キャリアパスイメージ

介護職員初任者研修課程とは

「介護職員初任者研修課程」が、これまで行われてきた「ホームヘルパー2級養成課程」に代わるものであることはイメージできたのではないでしょうか。

そのカリキュラムも発表されています。

研修にかかる時間も同じ130時間程度となっております。

大きな違いは、ホームヘルパー2級課程では必修だった30時間の実習が廃止されるということです。

130時間のうちの30時間を占めていた実習が廃止されるのは、
施設実習などで十分な指導ができていない現状なども反映してのことではないでしょうか。

こちらが介護職員初任者研修課程のカリキュラムになります。

職務の理解6時間
介護における尊厳の保持・自立支援9時間
介護の基本6時間
介護・福祉サービスの理解と医療との連携9時間
介護におけるコミュニケーション技術6時間
老化の理解6時間
認知症の理解6時間
障害の理解3時間
こころとからだのしくみと生活支援技術75時間
振り返り4時間
(合計)(130時間)

ここで注目してほしいのは、「こころとからだのしくみと生活支援技術」という課程に75時間もの時間を割いているということです。

実際行う介護技術の演習なども含めた時間なので、このような時間設定になるのだと思われます。

実習も廃止される分、実技や技術の講習に力を入れていることがうかがえます。

筆記試験のある介護職員初任者研修

そして、もうひとつ。大きな違いは、介護職員初任者研修には筆記試験があるということです。

ホームヘルパー2級研修課程には試験などがなかったため、受講した人は誰でもホームヘルパー2級として介護の仕事に就くことが出来ました。

筆記試験の内容がそれほど難易度の高いものとは考えられませんが、心理的にはプレッシャーもかかります。

2013年度から、介護に関するキャリアパスはこの新しい体制に変更されます。

ホームヘルパー2級をすでに取得している方は、移行措置として、介護職員初任者研修課程の修了者とみなされ、
今後も継続して介護の業務に就くことができます。

介護の仕事を始めてみたいと考えている方で、試験を受けることに抵抗がある方は、
できるだけ今年度のうちにホームヘルパー2級課程を修了することを考えてみてもいいのではないでしょうか。

今回紹介した介護職員初任者研修について、別のサイトでまとめておりますので、
詳細はこちらのサイトをご覧ください。

介護職員初任者研修課程ナビ

※個人的には「ホームヘルパー」という研修課程の名前がなくなることについては、とても寂しく感じています・・・。

平成24年9月4日掲載

アドセンス336

関連記事

どこまでできる?ホームヘルプの利用制限について考える。

ホームヘルプサービスはどこまでできるのか? 平成22年4月28日、厚生労働省老健局振興課からこんな

記事を読む

要支援者へのサービス廃止へ?介護保険改正でホームヘルパーの仕事はどう変わる?日常生活総合支援事業とは

要支援者へのサービス廃止へ?介護予防サービスと介護予防・日常生活総合支援事業。どうなるホームヘルパー

記事を読む

どう変わる、働き方改革法スタート

介護の働き方改革。有給休暇、残業時間、ホームヘルパーの働き方はどう変わる?

「令和」時代の働き方 平成31年度がスタートしました。新元号「令和」の発表で幕を開け

記事を読む

高齢者イメージ

「痴呆」に替わる用語、「認知症」

「痴呆」に替わる用語、「認知症」 「痴呆」という言葉がなくなる。 厚生労働省が発表し

記事を読む

介護福祉士の給料が8万円アップ?

介護福祉士の給料が8万円増えるって本当?新しい処遇改善加算のウソと本当。

介護福祉士の給料が月8万円増える、という噂の正体 新しい経済政策パッケージ 「

記事を読む

ホームヘルパーにおすすめ、最強の雨対策グッズ3つ

雨の日の訪問も楽しくなる。ホームヘルパーが用意するべき最強の雨対策グッズ3つ

梅雨、それはホームヘルパーの天敵。 関東地方も梅雨入りし、週間天気予報にも傘マークが

記事を読む

混合介護のイメージ図

訪問介護が変わる?介護保険改正の切り札、混合介護とは?

平成30年の介護保険制度改正・報酬改定に向けての議論が本格化する中で、 議論の一つ「混合介護」に注目

記事を読む

3割負担導入、3割負担になるのはどんな人

介護保険3割負担の導入。3割負担対象者はどんな人?

平成30年4月に介護保険制度が改正されました。 介護報酬改定とともに行われたこの制度改

記事を読む

支援費制度を考える。障害施策の転換点、障害福祉における介護保険?

支援費制度を考える 2003年4月、日本の障害者福祉が大きく変わります。 障害者への

記事を読む

介護イメージ

平成24年介護報酬改定は訪問介護にどんな影響を与えるか

平成24年介護報酬改定の概要とポイント 介護保険制度は3年ごとに介護報酬の見直しが行わ

記事を読む

アドセンス336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス336

介護関連書籍のススメ2020

新型コロナウイルスの拡大による自粛要請。 遊びに行くことも、飲

新型コロナウイルス感染拡大
新型コロナウイルスに立ち向かう。ホームヘルパーがウイルスから身を守るために。

新型コロナウイルスの感染は世界規模で拡大 新型コロナウ

ホームヘルパーにおすすめ、最強の雨対策グッズ3つ
雨の日の訪問も楽しくなる。ホームヘルパーが用意するべき最強の雨対策グッズ3つ

梅雨、それはホームヘルパーの天敵。 関東地方も梅雨入り

介護現場のセクハラ・パワハラ対策
利用者からのセクハラ・パワハラ問題。ハラスメントからホームヘルパーを守るには。

全国で利用者からホームヘルパーに対するハラスメントが続出。

どう変わる、働き方改革法スタート
介護の働き方改革。有給休暇、残業時間、ホームヘルパーの働き方はどう変わる?

「令和」時代の働き方 平成31年度がスタートしました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑