*

「痴呆」に替わる用語、「認知症」

公開日: : 最終更新日:2014/01/22 コラム

「痴呆」に替わる用語、「認知症」

高齢者イメージ

「痴呆」という言葉がなくなる。

厚生労働省が発表した「認知症」という新用語

そのいきさつと意味に迫ります。


「痴呆」から「認知症」へ

このサイト内でもアンケートをとるなどして、
皆さんからの意見を募集しました。

厚生労働省では「痴呆」に替わる用語を
9月からパブリックコメントとして募集。

今回。「痴呆」に替わる用語として決定したのは
認知症」という名称でした。

用語変更の背景

「痴呆」という言葉には「侮蔑的な意味合い」が含まれているということが発端でした。

厚生労働省では検討会を発足。

9月からは一般に広く意見を募集するパブリックコメントを募り、

今回の新用語決定に至りました。

痴呆の新呼称は「認知症」 厚労省、行政用語を変更

こういった用語や名称変更といった動きが数多く見られています。

最近でも「精神分裂症」を「統合失調症」として変更するなど、

さまざまな新用語が決定されています。

一連の、病気・障害当事者本位という流れのなかで
「痴呆」という用語の変更が検討されてきました。

「言葉狩り」という批判がありながらも、

今後も、「障害者」を「障がい者」に用語変更する案など、
こういった取り組みが数多く見られる可能性があります。

当サイトにて行ったアンケートの結果

この件について、当サイトではアンケートを実施してきました。

痴呆に替わる用語を考えよう

その結果は以下。

順位 用語候補票数
1位「痴呆」は「痴呆」のままでいい48票
2位認知障害17票
3位アルツハイマーと脳血管性で分ける6票
3位ディメンチア6票
5位メモリアル症5票
5位認知行動不全5票
7位高次脳機能失調症4位
7位夢老人(ゆめおいびと)4票
8位記憶障害3票
9位記憶不全症候群2票
10位治包(チホウ)2票
10位知豊(チホウ)2票
10位脳萎縮2票
以下1票回顧症・健忘症・認知失調・老童

11月22日現在、111票の投票が行われました

ご協力本当にありがとうございます。

この投票結果は、10月26日、厚生労働省へパブリックコメントとして提出しています。

このアンケートで圧倒的に得票したのは

「痴呆」は「痴呆」のままでいい

というものでした。

その意見として多かったのは「言葉を変えても意味がない」など、

「痴呆」という言葉自体への評価ではなく、

こういった名称変更を行う「言葉狩り」への批判的な内容が目立ちました。

ちなみに、「認知症」という用語は一票も投票されていませんでした。

新しい痴呆ケア

この名称変更が急ピッチに進められてきたのは

新しい痴呆ケア」への意識の転換を狙う意図があったと思われます。

厚生労働省によって策定された「2015年の高齢者介護」にも、

「新しい痴呆ケア」は大きな課題とされており、

現在、痴呆性高齢者グループホームやユニットケアなど、
当事者の尊厳を保持し、安心した生活を送れるためのケアモデルが実践されています。

こういった大きな転換期にあり、

「新しい痴呆ケア」にむけて「痴呆」という言葉の負のイメージを払拭するために
今回の用語変更にいたったのではないかと予想されます。

「言葉狩り」に対する批判は多く聞かれるものの、

こういった機会によって、
その用語の意味や、その由来を知ることは

大きな意味があるのではないかと思います。

特に、私たち若い世代は、
その言葉にどんな意味が込められていたのかを一切考えず、

無批判にその言葉を日常的に使っています。

私たちは当事者ではないので、

「痴呆」と呼ばれる当事者の気持ちを図り知ることは出来ません。

けれど、「痴呆」という言葉が以下のような意味を持ち、

当事者がそういった偏見にさらされる社会にあったことは忘れてはいけません。

ちほう 【痴呆】

(1)愚かなこと。

(2)一度獲得された知能が,後天的な大脳の器質的障害のため進行的に低下する状態。
老年痴呆・進行麻痺・アルコール精神病・頭部外傷・癲癇(てんかん)・分裂病などでみられる。
痴呆症。

三省堂提供「デイリー 新語辞典」より

平成17年 掲載

アドセンス336

関連記事

スペシャルオリンピックスとは

スペシャルオリンピックスとは 介護保険とは一切関係なさそうですが、 今回はスペシャルオリンピックス

記事を読む

支援費制度を考える。障害施策の転換点、障害福祉における介護保険?

支援費制度を考える 2003年4月、日本の障害者福祉が大きく変わります。 障害者への

記事を読む

介護イメージ

平成24年介護報酬改定は訪問介護にどんな影響を与えるか

平成24年介護報酬改定の概要とポイント 介護保険制度は3年ごとに介護報酬の見直しが行わ

記事を読む

准介護福祉士

准介護福祉士とは、誰のための・何のための資格か?

准介護福祉士とは 社会福祉士・介護福祉士法の見直しの中で、突然振って沸いてきたかの

記事を読む

新しいカリキュラムはどうなる?

新資格。介護職員基礎研修ガイドラインについて

介護職員基礎研修ガイドラインについて 「介護の資格、介護福祉士に一本化」でお伝えし

記事を読む

介護報酬改定の影響は

平成26年介護報酬改定。消費増税に伴う介護報酬の改定の概要。

消費税増税に伴う平成26年介護報酬改定の概要 平成26年4月に消費税の増税が行われます

記事を読む

混合介護のイメージ図

訪問介護が変わる?介護保険改正の切り札、混合介護とは?

平成30年の介護保険制度改正・報酬改定に向けての議論が本格化する中で、 議論の一つ「混合介護」に注目

記事を読む

ヘルパー2級と初任者研修の比較

どっちがお得?ホームヘルパー2級養成講座と介護職員初任者研修。

ホームヘルパー2級養成講座と介護職員初任者研修の比較。 すでにお伝えしている通り、これまで介護の

記事を読む

新型インフルエンザの脅威にホームヘルパーはどう向き合うか。

新型インフルエンザの脅威 猛威を振るい続ける新型インフルエンザの脅威。 7月以降のイ

記事を読む

ヘルパー研修廃止後の資格制度について

介護の資格を取るなら?ホームヘルパー2級養成研修、平成24年度末で廃止へ

ホームヘルパー2級養成講座は、2012年度末で廃止。介護職員初任者研修へ移行。 既に2004年から

記事を読む

アドセンス336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス336

ホームヘルパーにおすすめ、最強の雨対策グッズ3つ
雨の日の訪問も楽しくなる。ホームヘルパーが用意するべき最強の雨対策グッズ3つ

梅雨、それはホームヘルパーの天敵。 関東地方も梅雨入り

介護現場のセクハラ・パワハラ対策
利用者からのセクハラ・パワハラ問題。ハラスメントからホームヘルパーを守るには。

全国で利用者からホームヘルパーに対するハラスメントが続出。

どう変わる、働き方改革法スタート
介護の働き方改革。有給休暇、残業時間、ホームヘルパーの働き方はどう変わる?

「令和」時代の働き方 平成31年度がスタートしました。

インフルエンザに負けない!ホームヘルパーの感染予防
インフルエンザ対策!ホームヘルパーの感染予防。予防接種は?罹患者への訪問はどうする?

例年猛威を振るうインフルエンザ。 インフルエンザの集団

介護福祉士の給料が8万円アップ?
介護福祉士の給料が8万円増えるって本当?新しい処遇改善加算のウソと本当。

介護福祉士の給料が月8万円増える、という噂の正体 新し

→もっと見る

PAGE TOP ↑